アスタキサンチン

アスタキサンチンとは


アスタキサンチンは、エビ、蟹、サケなどに含まれ、
赤色の色素で、強い抗酸化作用を持つ。

『アスタキサンチン』聞いた事はあるけど…何に良いの?
『アスタキサンチン』って聞いた事はあるけど、どんなものなの…?と気になっている皆さんに、効能、効果についてご説明させて頂きたいと思います。


●まず、『アスタキサンチン』とは何…?

『アスタキサンチン』は、鮭やイクラ、蟹の殻など、に含有している物質で、簡単にいうと、魚介類のオレンジ色や赤い色の部分に多く含まれており、「抗酸化力」にとても優れた物質です。

●では、その「抗酸化力」を素に、『アスタキサンチン』の効能は…?

<体に対して>
・疲労回復
・悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる
・自律神経のみだれを整える
・動脈硬化の予防、血管の老化防止
・眼精疲労の予防、改善
・脳の病気の予防
・筋肉痛の予防
などなど…

<美容に対して>
・美白効果
・シワ、たるみの予防
・メラニン色素の生成を抑え→シミの予防
・肌の乾燥の予防
・紫外線によるダメージの予防
などなど…


●『アスタキサンチン』の「抗酸化力」で期待出来る効果は…?

*酸化=サビ、と置き換えると、「抗酸化力」とはサビを防ぐという事…つまり、『アスタキサンチン』は“老化を防ぐ!”効果があるという事です。

*体、脳、目、血管…それに肌…、その“老化防止”にとても良い♪なら嬉しいですよね。

*1日に必要な摂取量は3mg〜6mg程度といわれておりますが、サプリメントを利用すると簡単に摂取出来ると思います。


◆簡単に説明させて頂きましたが、“アンチエイジング”に『アスタキサンチン』いかがですか?



トップページに戻る

 

サイトマップ