コラーゲン

コラーゲンとは



コラーゲンとは、コラーゲンはもともと2種類あり、T型と2型がある。
一般的にコラーゲンと言えば、T型のコラーゲン・ペプティドを指します。
また、動物性か海洋性かで分かれます。
ちゅる凛美肌ゼリーは、魚介類の骨や皮、鱗が主原料となっています。
通常のコラーゲンの粒は大きく、そのままだと体内に吸収されないので、
分子を小さくした低分子にして、吸収率を高めたのです。
からだの穴より、コラーゲンが大きければ、浸透しないのです。
低分子(分子を小さくする)にすることで、体の穴より小さいので、吸収するという原理。
お肌は三層構造になっているので、一番下の層まで達しないと意味がない。

ちゅる凛美肌ゼリーには、ビタミンCも含まれていますので、
コラーゲンの合成効果が促進されるのです。

さらに、コラーゲンは、美容目的だけではなく、
関節症の改善にも寄与することが分かっている。

また、コラーゲンの減少は、薄毛の原因となり、これは男女関係ないそうだ。
コラーゲン食材をたべても、コラーゲンサプリメントを摂ってもダメで
からだの中でコラーゲン生成を促進するような仕組みでないと効果はあり得ない。

コラーゲンについて
コラーゲンは、女性なら誰しもが美容に良い!出来るだけ摂取したいと思っていると思います。
実際コラーゲンって何なの?と疑問に思う方も多いと思います。
まず、コラーゲンとは、身体を構成する重要なたんぱく質の一種です。たんぱく質は皮膚や髪、爪などに作用しますね。人間の身体の内の20%がたんぱく質で出来ているのですが、そのたんぱく質の3割がコラーゲンなのです。コラーゲンが身体のどこに含まれるかというと、約4割が皮膚で、1割から2割は骨や軟骨に存在しているのです。勿論他の身体内にも存在しています。そのコラーゲンはいくつかのアミノ酸がくっついた状態である「ペプチド」という形で吸収されます。そのペプチドが血中に長時間存在している事が研究で分かっています。

何故コラーゲンが美容に良いかと言うと、コラーゲンは細胞同士を結びつけ、支え、外との境界線を作るという役割があるのです。コラーゲン不足になると細胞間のクッション的役割がなくなり、細胞間のバランスが崩れてしまい肌や髪、爪などに「老化」として現れるのです。コラーゲンは肌の構造内の真皮の約7割を占めています。コラーゲン摂取は肌のハリに影響しているのですね。

コラーゲンは肌だけでなく、髪、爪、骨や関節に作用すると記述しました。コラーゲンは美容だけでなく医療業界でも注目されています。コラーゲンペプチドにより、メタボ改善にも良いのではないかと言われています。実際マウス実験でコラーゲンペプチドを摂取したマウスが血糖値の上昇を抑える作用が確認されているそうです。拡張期血圧の低下も見られたという報告もあります。コラーゲンは美容だけでなく「再生医療」に適しているのです。





トップページに戻る

 

サイトマップ