エラスチン

エラスチンとは


エラスチンは、豚からと魚から作られます。
その部位が心臓の関連細胞なので、1体からはほんの少量しか取れないので、かなり効果となります。
タンパク質の一種で、伸縮する性質があり、肌に弾力を与えます。
そして、残念ながら、年齢とともに減少していき、肌トラブルの原因になるのです。

エラスティンの特徴と肌への役割
エラスティンという言葉の由来は、英語の「elastic」から来ています。この単語を日本語に直訳すると弾力性を意味します。また、日本語では弾性繊維と呼ばれています。その性質や特徴を死ることにより、肌への働きに関してはますます関心が高まると考えられます。エラスティンは、肌に関してはコラーゲンなどを結びつけるいわゆる結合繊維を意味します。コラーゲン同士を結びつけて肌の中で網目状にする働きを持っています。構成された組織は、ゴムのように伸縮する機能を兼ね備えていることから肌へのハリとなり弾力性のある肌へと繋がります。エラスティンの大きな役割はあまり知られていません。表皮の内側にあり真皮の成分であることが現在現象として知られていることです。エラスティンは、真皮の繊維芽細胞において作られています。この細胞は、常に古くなった組織を分解し、新しい組織を生成するいわゆる新陳代謝を促す役割を持っています。エラスティンも年齢とともに減少していく細胞です。エラスティンの減少を防ぐためには、抗酸化作用に対する対策をして、いつまでもハリのある美しい肌を保ちたいというのが女性の永遠のテーマであるといっても過言ではありません。

トップページに戻る

 

サイトマップ