肌荒れ 原因

肌荒れの原因について



肌荒れの原因は多岐に渡りますが、その中でもビタミンB群が不足しても肌荒れになります。

まず個々の肌の細胞と言うのは食事から取り入れた栄養をベースに生成されます。
ですので外食が続いたり偏った食生活になるとニキビや肌荒れになるのも栄養バランス外食偏っている証拠になります。
その中でもビタミンB群が不足をしてしまうと
皮膚炎や肌荒れに直結してしまいまして
肌健康に大きな関係をもたらすビタミンB2やビタミンB6は細胞を作る主成分となるタンパク質や糖質の代謝をサポートする役目があります。

具体的にはレバー等に含まれているビタミンB2は別称で『美肌ビタミン』とも呼ばれておりまして、
肌を滑らかにしたり整った維持に働きかけます。

逆に脂っこい食事やスナック菓子を食べ過ぎてしまったり、
妊娠中または疲れが溜まっている場合には多くのビタミンBを消費してしまっていますので
肌荒れをし易い環境となっているのです。

そしてビタミンB群と言うのは体内に貯めることができませんので、
日々摂取しないといけないのです。

ですので肌荒れをした時にはビタミンB群が不足していないかを見直して見ましょう。


シニアパートナー探しの様々なサービスはトップページに多数用意しています。

トップページへ

 

サイトマップ