ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは


ヒアルロン酸は、ムコ多糖類の一つで、ねばねば成分。
水分の保湿力は、1gで6リットルと言われています。
その量は年齢ととともに減少していき、20代のころはまだいいのですが、
30代、40代と年齢を経ると、その量はどんどん減っていきます。
では、ヒアルロン酸をそのまま食すればいいのかと言えば、答えは×。
そのままだと、分子が大きいので、分子を小さくする、つまり低分子にしてやることで吸収力が増します。

美容と健康の側面で注目されているヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、美容や健康の両方の側面で注目を集めています。美容に関しては、肌の保水力で注目されていますが、1gで6000ミリリットルの水分を含んでいます。その特徴から保湿成分として化粧品に含まれています。肌の保水力は、年齢とともに減少していくため、それを補う必要があります。化粧品におけるヒアルロン酸の役割は、肌の水分をとどめる働きをしてくれるということです。ヒアルロン酸自体は、角質層の表面でとどまってしまうため、肌の奥深くまでは浸透しにくいのです。しかし、角質層の水分を抱え込み、水分の蒸発を防いでくれるというのが役割を持っていて、保水力に関しての期待が高まります。ヒアルロン酸において、期待できる効果は肌の乾燥を防ぐことはもちろん、乾燥によりできやすいと言われている小じわにも最大限の効果を発揮します。また、角質層の表面で留まることは、肌のバリア昨日を保つという点で優れています。ヒアルロン酸でスキンケアの保湿の役割を簡単に果たすことができるのも魅力です。一方で、健康についても注目されています。それは、膝のクッションとなる軟骨成分の代わりになることです。細胞を繋ぎ合わせることが軟骨の代わりになります。

トップページに戻る

 

サイトマップ